27歳男子大学生の彼女ができない話

花の大学生だというのに、自分は彼女が全くできませんでした。
大学の構内を見てみると、皆は恋人同士を作って楽しそうにしていました。
自分に彼女ができないのは当然です。

留年をしており、それが一回や二回ではなくて、27歳になるまで留年をしているので大学の中でも情けが無い奴、として後ろ指を指されるくらいでしたし、留年の学費のためにお金が無いのでみすぼらしい恰好をしていました。
学費が高い私立大学なので、他の学生はブランド物を身に着けており車を乗り回しているために、自分のような人間を好きになってくれる女性が余っている訳はありませんでした。
大学の飲み会にて、自分が女性に告白をしたら、その女性は「気持ち悪い」と言って泣き出して、イケメン学生に抱きついていました。
その出来事にはあまりにもショックを受け、もう彼女ができない自分を受け入れるしかない、と一生彼女ができない人生を決めかけていた時、出会い系で恋人を作る事を思いつきました。
出会い系ならば、ブランド物を所持していなくとも誰も気にしませんし、自分が留年をしている事も最初の時点では分からないので、先入観無しに自分の事を好きになってもらえそうだと考えたのです。

とにかく恋人が欲しかったので、出会い系に登録完了をした直後から手当たり次第に女性にアタックをしました。
手当たり次第にアタックをしていても、中々恋人にはなってもらえないと気付いたので、ゆっくりと時間を掛けて異性と仲良くなることにしました。
最初は友達から、そして仲良くなったら告白をするというステップを踏みました。

すると、「彼女が欲しいならなってあげても良いよ」と言ってくれる女性が現れました。
自分は、恋人を作る事を想定して出会い系サイトを利用していたのでアタックをする女性は全て同じ県に住んでいる人間ですので、会おうと思えばすぐに出会えます。
そしてその女性と早速会うと、自分好みの物凄く綺麗な顔立ちであり、スタイルも物凄くてアイドルのようで驚きました。
そんな女性が今では自分の恋人なのです。

20歳男性フリーターのスマホでの出会い

最近の出会いのツールといえば、もっぱらスマホアプリですね。
特にライン系のアプリでほぼ全部まかなえちゃいます。ラインだと通話も無料ですし、
若い子でライン入れてない子ってほとんどいないと思うんでかなりおいしいですね。
雑誌の取材とかも匿名で受けたことあるんですが、かなりスマホのアプリから
出会って食えてます。出会いに飢えてる子が多いってよりは、スマホのアプリとかで
遠方の人も含めた上でパートナーを探したいって子が増えてるんじゃないですかね。
要するに近くの不細工で妥協しなくてもいい時代になったってことです。
これはモテる男だとかイケメンには非常にいい時代になりましたよね。
ホントにスマホの発展には感謝ですよ。自分の場合はプロフィールに写真を乗っけておけば
週に10通以上はメール来る程度にはイケメンなので、それをまあ、いつも通りふつーに
接してあげれば普通にリアルで出会って普通に頂けちゃいますね。
出会いに関してはもう今後一生困らないといっても過言ではないと思います。
ストリートナンパとかしていた時期もありますけど今は寒い季節ですし。
部屋でピコピコスマホいじってれば出会いは腐るほど向こうからやってくるわけですから、
本当にいい時代だと思います。風俗ももういらないですね。
まあその分不細工な男とかコミュ障男との恋愛格差はどんどんこれまで以上に広がっていき
ますけどね。まあ経済と同じように競争社会になっていくわけですよ。これからどんどんね。