月別アーカイブ: 2018年10月

デート援

パトロン
俺には気になる女性がいます。彼女は昔からの幼なじみ。無口で、いつも一人ぼっち。話しかけても無視され、何を考えているか分かりません。だけどすごく動物には優しいことを俺は知っています。そんな彼女が高校生の時にデート援をしていました。その事が学校に伝わり彼女は退学になりました。俺はなんとなく彼女がデート援をしていた理由が分かりました。理由は彼女の両親でした。彼女の両親はほとんど家には帰ってきません。小さい頃は俺の家に彼女が預けて夜を出歩いたり、食事はインスタントばかり。そして彼女両親2人共浮気をして家族はすでに崩壊をしていました。寂しさのあまりに彼女はデート援をしていたのかと思いました。

学校に来る最後の日、俺は彼女を呼び出しました。今までの気持ちを伝えたかったからです。彼女は俺の告白を断りましたが俺は諦めきれず何度も告白をしてようやく付き合ってくれるようになりました。

付き合った当初は彼女が全然笑ってくれませんでした。「Hしたかったら言って。生理の時以外はやってあげるから。」と、彼女の口から言われました。これで本当に付き合っているのかなと思いました。付き合って半年が経っても彼女にキスはするけどHはまだしません。彼女が本当に俺に心を開くまではやりたくなかったからです。

付き合って初めての彼女の誕生日、彼女に猫をプレゼントしました。迷惑がられると思っていましたが、彼女はとても喜んでくれました。そして初めて彼女の笑顔を見ました。「ありがとう。本当に嬉しい。」 その後初めて彼女と関係を持ちました。それを機に彼女はに甘えるようになってきました。
困った時に助けてくれる人
デート援